貢献事業

関西学院大学体育会同窓倶楽部の貢献活動

企画主旨と経緯

関西学院大学体育会同窓倶楽部では2010年11月より西宮市と協議を重ねスポーツ振興による地域貢献事業の取り組みを進めてまいりました。

現在西宮市では教育委員会の傘下に小学校区単位で組織されたスポーツクラブ21が40クラブ存在し地域住民の運営のもと約6500名の児童が加盟してサッカー・野球・バレーボールなどの競技に親しんでいます。

関西学院の施設を活用し体育会学生との交流を通じて地域児童により深くスポーツの楽しさを実感していただくと共に将来さらにスポーツに打ち込むきっかけ作りになることを願っています。

 体育会学生にとっては地域の方との交流を通じ安全に楽しくスポーツすることを児童に伝える過程で体得したことは日々の学院生活・体育会活動に活かされる意義深いものであると思われます。