規約

関西学院大学体育会同窓倶楽部規約

第1章 総則
第1条
本会は、関西学院大学体育会同窓倶楽部と称し母校体育会各部卒業者を以て組織する。
第2条
本会は、会員相互の融和と親睦を図るとともに母校及び体育会の発展に寄与することを目的とする。
第3条
本会の事務所を西宮市上ヶ原関西学院会館に置く。
第2章 事業
第4条

本会はその目的達成のために次の事業を行なう。

1.会員相互の融和、親睦に関する事業
2.学院体育会指導後援連絡に関する事業
3.母校及び体育会発展のための意見具申その他の貢献。
4.その他目的達成に必要な事業。

第3章 会員
第5条

本会の会員は次の二種の区分とする。

1.正会員(母校体育会各部卒業者)
2.名誉会員(幹事会が推薦し総会で承認した者に会長が委嘱する)

第4章 役員
第6条

本会に次の役員を置く

1.会長
2.副会長
3.幹事長
4.副幹事長
5.常任幹事
6.幹事
7.監事
1名
2名以上
1名
3名以上
10名以上(会計担当幹事含む)
40名以上
2名以上
第7条

役員の任務は次の通りとする。

1.会長は本会を代表しその業務を統括する。
2.副会長は会長を補佐し会長事故ある時はその職務を代行する。
3.幹事長は本会の業務を掌理し会の運営にあたる。監督会との連携を図り、その任務遂行を支援する。
  必要とする問題別に検討委員会を組織し目的達成の促進にあたる。
4.副幹事長は幹事長を補佐し会務の運営にあたる。
5.常任幹事は幹事会及び常任幹事会に出席し会務を分担する。常任幹事中より会計を担当する。
6.幹事は幹事会に出席し意見を述べる。
7.監事は会計監査を行ない総会に報告する。

第8条

役員の選出は次の通りに行なう。

1.会長は常任幹事会が推薦し総会で承認され選出される。
  副会長、幹事長は会長が推薦し幹事会、総会で承認され選任される。
2.幹事は各運動部OB会より1名以上の推薦されたものとする。その他必要に応じ会員中より会長が推薦することができる。
  監督会の会長・副会長は幹事長推薦の幹事とする。
3.副幹事長、常任幹事、監事は幹事中より互選により決定する。
4.運営委員会委員は幹事長が任命する。

第9条

役員の任期は2ヶ年とし、留任をさまたげない。ただし特別の事情が生じた時はこの限りではない。

第10条

本会に名誉会長と顧問を置くことができる。名誉会長及び顧問は幹事会の推薦により会長これを委嘱する。

第5章 会議
第11条

本会に次の会議を置く。

1.総会 2.幹事会 3.常任幹事会 4.OB会長会 5.監督会との連携会議 6.運営委員会(目的別問題検討処理)

第12条

総会及び定時総会は年各1回とし会長が招集する。臨時総会は必要に応じて会長これを招集する。

第13条

次の事項はこれを定時総会に提出してその承認を受けなければならない。

1.前年度決算及び本年度予算 2.事業報告書及び事業計画書 3.規約及び会費の変更
4.その他幹事会において必要と認めた事項

第14条

総会・定時総会・臨時総会の議事は出席者の過半数を以て決する。

第15条

幹事会、常任幹事会は幹事長が必要に応じてこれを招集する。(運営委員会を含む)

第16条

OB会長会は各部OB会の会長により構成され、関西学院大学体育会同窓倶楽部会長の諮問機関とする。

第6章 会計
第17条

本会に必要な帳簿を備え事業の運営及び財産の状況を明らかにするものとする。

第18条

本会の会費は各部OB会を単位として総会で決議した金額を負担する。その他特別会費、助成金、寄付金を受けることができる。

第19条

本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
但し4月1日から予算承認の総会までの間、前年度予算の支出総額の3分の1以内の金額を本会の業務の必要に応じて
支出することができる。

第7章 東京支部
第20条

本会に東京支部を設置する。

第21条

東京支部役員は東京近郊在住の会員の互選に基づき決定のうえ、会長に報告する。

第22条

本会は東京支部に活動援助のための助成金を支給できる。

附則

1.この規約は、2006年4月12日から改正施行する。
2.この規約は、2012年1月1日から改正施行する。