沿革

歴代会長 就任期間 沿革
初代会長
堀部 伊一郎
1952~1955
1952.10.17
運動部OB倶楽部結成準備会が当初8部15名により推進され、目的は勿論OBの横の連絡を取り相互に親睦を図ること、及び運動部の隆盛に寄与することであった。2回の準備会を経て10月17日第1回総会が開催された。
1956.9.22
強力なOB倶楽部復活のための幹事会が開催され、「倶楽部員相互の親睦、と現役部員の側面的援助、協力」と方針をきめ、規約など運営整備を行う。このときの準備委員はOB倶楽部の重鎮として長く貢献された。
第2代会長
清水 鷹治
1956~1957
1956.10.25
復活運動部OB倶楽部 第1回総会。
準備委員作成の規約を採択、役員を選出。
1956.11.19
幹事会を開き約40名の常任幹事を選出。
1957.5.23
体育会発会式
第3代会長
石本 広一
1958~1961
 

第4代会長
辰馬 龍雄
1961~1973
1963.6
OB倶楽部の執行機関として会長を含めて11名による常任幹事会結成。以後、現在に至るまで推進・執行を担う。
1963.9.19
監督会発足
1967.6
OB倶楽部功労賞の贈呈を決め記念祭覇業交歓にて表彰する
1969
学園紛争。「関学を守る会」を結成、学院の正常化を祈念した
1971
関西学院大学体育会OB倶楽部会報 創刊号発刊

第5代会長
澤田 修太郎
1974~1981
1973.11.14
澤田体育会OB倶楽部会長が、代表者となり関西学院倶楽部が同窓憩いの場として発足。
1977.3.25
NOBLE STUBBORNESS 記念碑を体育会OB倶楽部が建設。
総合体育館竣工式の同日、除幕式を行う。このスローガンは今も全体育会員の拠り所として受け継がれている。
1978.11.29
     ~30
第1回総合関関戦 27クラブ参加し開催

第6代会長
木村 正春
1982~2001
1989
1889年に神戸・原田の森に開設された学院が創立100周年を迎えた。
1992
スポーツ推薦入試制度が商学部、自己推薦入試制度が
社会学部・神学部で導入。
1995.1.17
阪神大震災により関西学院においても大学在校生15名、
卒業生・教職員60数名を失った。
1997
KG ATHLETIC ASSOCIETIONに名称を変更。
1998
63年ぶりに高等部野球部がセンバツ大会出場。
法学部で指定校スポーツ推薦入試制度導入。
1999
ラクロス部が体育会に昇格
2000.6.24
スポーツセンター竣工。

第7代会長
太瀬 重信
2002~2005
2002
トレーニングセンター完成。
2003.6
米田満名誉教授の「関西学院スポーツ史話・神戸原田の森編」発刊。

第8代会長
岩崎 元彦
2006~2008
2006
第3フィールド(硬式野球場、アメリカンフットボール場、馬場)完成。
2007
KGAA創設55周年、体育会設立50周年。
2007
KGウィング・ブルー21 パワー・プロジェクトを計画する。
2007.4
スポーツ活動支援募金を開始。体育会各OB会による学生のスポーツ活動支援を目的に導入した。

第9代会長
渡辺 淳一
2009~
2011
第34回総合関関戦 通算成績を17勝16敗と勝ち越す。
2012.4.1
名称を関西学院大学体育会同窓倶楽部、
略称をKGAAに改正。規約の改正制定。
2012.4.1
第1回目となる地域貢献事業が西宮市内小学生
220名を招きサッカークリニック開催される。
2012.4.18
公式ホームページサイト開設。
2012.9.20
スポーツ関係者による授業「寄付講座」が開設。
2012.10.20
関西学院大学体育会同窓倶楽部設立60周年記念式典
開催。